基本方針

当社は、株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆様に、当社へのご理解を深めていただく為にIR活動を行っております。当社に関する重要な情報をわかりやすく、公平、正確、迅速に開示することをIRの基本方針としております。

開示情報

開示する情報は、金融商品取引法等の諸法令及び東京証券取引所の定める適時開示規則等により開示が要請される情報に加え、当社を理解していただくために有効な情報を、自主的に開示しております。

開示方法は、EDINET、TDnet(適時情報伝達システム)への登録、自社ホームページIRサイトでの公開、記者クラブ等を通じてプレスリリースにて発表しております。

沈黙期間

当社は、通期、四半期の決算期末日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としており、決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保しております。この期間中は、決算情報に関してのコメントや質問への回答を控えさせていただきますので、ご理解をお願いいたします。

将来の見通しについてと投資判断について

当社ウェブサイトに記載されている業績予想及び事業計画等の将来の見通しは、現在入手可能な情報から作成しておりますが、事業環境が大きく変動することも考えられることから、実際の業績が見通しと大きく異なる可能性があることをご了承下さい。

また、掲載しました情報は投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する決定は、投資家の皆様ご自身の判断で行われるようお願いいたします。